目を大切にしよう

スマホの普及に伴って、目を酷使する機会がとても増えてきている時代でもあり、またデジタル化も進むことによってパソコンを使って仕事を作業することも多くなりました。

普段目を使う機会が少ない人にとっては、目がかなり疲れやすくなってしまいます。

そのため目のケアを怠ってしまうと目の病気になってしまう可能性も出てきます。

目の病気の中でもよく起こるのが、目の充血でしょう。

目が充血する理由としては、外部から刺激を受けてしまったり、病気によって炎症をしたり、目の疲れによって引き起こされる症状です。

目の充血程度なら、目薬をすれば治るだろうと思いがちですが、目の充血にも種類があります。

それは結膜充血と毛様充血の2種類です。

結膜充血は、一般的に起こる充血で、ただ目が赤くなっている状態であれば結膜充血と判断をしても大丈夫です。

毛様充血は、黒目の周りが赤くなっている場合の現象で、緑内障やぶどう膜炎などと言った、角膜に関係する病気で引き起こされるものであり、結膜充血よりも症状は重いです。

毛様充血の場合はすぐに病院へ行ってください。

下手をしてしまうと目が失明してしまう可能性があります。

また、ものもらいなども目の病気ではよくある病気の一つです。

症状としては瞼が腫れ、痛みやかゆみなどがでます。

人には移ることはありませんが、ものもらいにも2種類あります。

一つ目は麦粒腫です。

白目が充血し、まばたきをしたりすると目に異物が入っているような状態になっています。

原因としては黄色ブドウ球菌の感染であり、あらゆるところにある菌の一種です。

免疫力があれば、感染しにくいですが、免疫力が低下している場合、感染してしまう可能性があります。

2つ目は霰粒腫と呼ばれているものです。

瞼にしこりみたいな塊ができるのが特徴的で、目が腫れ開けずらくなります。

痛みなどは少ないです。

ものもらいにはほとんどが抗生物質をとることで治すことができますが、霰粒腫は場合によっては手術が必要がある可能性もあります。

このように目の病気はどんどん増えてく一方ですので、事前にどのような対策をすれば自分の目を守ることができるようになるのかを考えていかなければなりません。

特に最近ではスマホ老眼と呼ばれる症状も流行ってきています。

スマホ画面を見すぎることによって引き起こされる症状で、老眼になる症状と似ています。

若者から発症することもあって、視力の低下なども引き起こされてしまうため、気を付けていかなければなりません。