レーシック手術について

目に視力を一気に取り戻す方法として、レーシック手術を検討している方もいるでしょう。

レーシック手術とは、角膜にレーザーを照射し、削り取ります。

削り取ることによって角膜を変えることができるので、屈折異常を矯正することができます。

これにより、視力を回復することができるのが、レーシック手術の魅力的な部分でもあります。

しかし値段は、片目で20万前後することもあって、両目となると約40万前後の費用が掛かってしまうことが分かります。

またレーシック手術によってデメリットも発生してしまう可能性があるのです。

夜に視力が低下してしまうことがあり、このような症状が出た場合、治すことは無理です。

また、レーザーにより、角膜が変形をしてしまうので、コンタクトを使う際は、ソフトレンズは使うことができなくなり、ハードコンタクトしか使用することができません。

また、一番ひどいデメリットだと、レーシック手術をした影響によって角膜が混濁し、かえって視力が低下し、最悪の場合、失明をしてしまう恐れがあります。

このように、視力を戻る可能性があったとしても、デメリットの方が強いのがレーシック手術の特徴です。

視力を元に戻すにはコストが割高と感じると思いますが、レーシック以外にもオルソケラトロジーを使った視力矯正もあります。

オルソケラトロジーとは夜間に特殊なコンタクトレンズを装着し、角膜を矯正します。

角膜にはしばらく変形していても元の形状に戻らない特徴があるので、矯正された角膜によって視力が一時的に戻ります。

当然、角膜にクセをつけていかなければなりませんので、夜に装着することを毎日欠かさず行わなければなりません。

手術をしなくても視力を回復することができるメリットと、使用を止めれば視力はまた元に戻るメリットがありますが、当然こちらもデメリットはあります。

そもそも視力がとても悪い人には使うことができなかったり、ドライアイなどでも使用が不可になる可能性もあることです。

そして値段もレーシック並みの金額が掛かってしまうことです。

ですが、レーシック手術よりはデメリットは小さいので、オルソケラトロジーを利用した視力回復は今後さらに広がっていく可能性があります。

目はとても大切な体の一部なのでいつまでも大切に使っていきたいです。

また、目に良い食べ物や目の運動も定期的に行ったりすることで視力低下のリスクを減らすことができると思いますので挑戦してみてください。