コンタクトによって引き起こされる目の病気

コントタクトレンズは一定の視力を維持すつために便利な医療用具ですが、一歩間違えるだけでとても危険な物となります。

コンタクトレンズを付けることによって、目に何かしらの病気が掛かってしまった人の殆どがコンタクトレンズを作って以降、定期検診に行っていない人ばかりでした。

女性が半数を占めており、主に20代前半から後半にかけて、コンタクトレンズによるトラブルは増えていっています。

コンタクトレンズによる病気を対策するのであれば、定期検診はもちろん、扱い方や、コンタクトレンズの消毒の仕方も覚えなけれななりません。

主にコンタクトレンズから引き起こされる病気について詳しく説明をしていきたいと思います。

まずは上皮びらんについてです。

角膜に傷がついてしまった状態で、角膜の表面が変化をし、脱落することです。

コンタクトレンズを付けるときの衝撃なのでも起こります。

続いて角膜潰瘍です。

上皮びらんを放置すると傷が角膜の奥の層まで達してしまっている状態であり、感染性と非感染性の2つがあります。

アメーバによる角膜炎もあり、アメーバは普段沼などに生息をしている微生物ですが、まれに水道水などでコンタクトレンズを洗ったりすると付着することがあります。

角膜から侵入し、視力が低下。

放置しておくと失明をしてしまいます。

コンタクトレンズを使用することで、目に負担が掛かってしまう病気はとても多いです。

その原因としてはコンタクトレンズはメガネと比べると、直接目に着けることになるので、雑な扱いをしていると角膜をすぐに傷つけてしまいます。

酷い場合は視力低下や失明の原因にもなってしまいます。

自覚症状としては目のかゆみや痛みなど、ゴロゴロしたりなどがあります。

コンタクトレンズを装着したまま寝たり、汚れたコンタクトレンズをそのまま使用したりと使っている人のコンタクトレンズに対しての管理不足による原因で目の病気になる人が多いです。

また、コンタクトレンズにはハードとソフトの2種類がありますが、ソフトの方が慣れやすいためソフトを使う人が多いです。

しかし、ソフトの弱点として、目の病気に気づきにくいことなので、ハードよりもソフトを使っている人が目の病気にかかりやすい特徴があります。

コンタクトレンズは大変便利なものですが、誤った使い方をしたり、使用方法を守らないと、目に負担をかけ、失明をしてしまうことを念頭に覚えておきましょう。

正しいコンタクトレンズの使い方をして目を守りましょう。